週刊学びニュース![6/16〜22]文科省、学力向上に関する研究発表など

今週も4つのニュースをピックアップしました!文科省や東京都教育委員会から、興味深い研究レポートも発表されています。ぜひご覧ください。

文科省研究発表、学び合いや明確な目標が学力向上に結びつく

文科省が公表した「学力定着に課題を抱える学校の重点的・包括的支援に関する調査研究」では、15県市の22小学校、14中学校の研究実践の概要がまとめられている。この中で、共通項が多い取り組みを拾うと、▽学び合い▽学習習慣・家庭学習の定着▽学習規律の確立▽授業力向上に向けた校内研修の充実▽小中連携――など…

確かな学力の育成に係る実践的調査研究(全国学力・学習状況調査の結果を活用した調査研究) 成果報告書 :文部科学省


学び合いや校内研充実で学力向上 15県市36校の研究実践から



調査:デジタルネイティブ世代の学習実態

世界190か国で利用されているWebアンケートを手掛けている米国企業SurveyMonkey社は、「タダコピアプリ」を提供するオーシャナイズ株式会社と共同で、大学生の実態調査を実施しました。スマホを活用している大学生911名を対象に「大学生の学習とStudyHack実態調査」として結果をオーシャナイズ者が運営する「大学生LAB」に公開しています…

KKSブログ: デジタルネイティブ世代の学習について 大学生実態調査

国際バカロレアで、日本語指導が可能に

「国際バカロレア(IB)」の導入を目指す高校が増えている。これまで英語、フランス語、スペイン語の3カ国語での指導を原則としてきた同機構が16年度の授業から、日本の高校を対象に、全9科目中、数学や物理、歴史など計7科目を日本語で指導できると認めたからだ…

バカロレア 日本語指導可に/教育ニュース – 教育情報サイトeduon!

▼ 参考

教育界の黒船「国際バカロレア」とは何か?―文科省も認めたプログラムの全貌 | Ednity Blog

東京都教育委員会:特別支援学校におけるタブレット端末活用事例を紹介

東京都教育委員会は6月12日、「特別支援学校におけるタブレット端末活用事例」をホームページに公開した。タブレット端末を使って筆順の学習をしたり、身体の動きを把握したりするなど、都内12校の事例をPDF形式で56ページにわたって紹介している…

特別支援学校におけるタブレット端末活用事例|東京都教育委員会


特別支援学校におけるタブレット端末活用事例…都内12校を紹介 | リセマム

ひとこと

文科省、東京都からそれぞれ面白い調査レポートが発表されていました。それぞれ熟読する価値がありそうです。全てに目を通すということは時間的に厳しいという方もいらっしゃるかもしれません。当メディアでは、レポートの中からさらに厳選して、役立つ事例をご紹介していこうと思いますので、ぜひご期待ください。

この記事を書いた人:
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>