甲斐市立竜王小学校レポート|ICTの活用は「人とのつながりを増やす」ため

「人とのつながりこそが、子どもたちの成長につながるのです」
そのように語ってくださったのは、甲斐市立竜王小学校校長の奥山賢一氏だ。甲斐市の教育委員会在籍時から、甲斐市の全小中学校への電子黒板導入に尽力するなど、ICTの導入に大きな貢献をされてきた人物だ。今回は、その奥山氏が現在校長を務める甲斐市立竜王小学校に訪問させていただき、氏の考えや当学校のICT活用事例について教えていただいたので、ご紹介しよう。

2人で1台でのKeynoteの授業

見学させていただいた3年生の授業では、2人1組で1台の iPad が配布され、プレゼンテーションアプリである「Keynote」を利用して、自己紹介のスライド資料を作成していた。子どもたちにとって Keynote を使うのは初めて。さて、初めてさわる Keynote でどこまで操作できるのか…?以下の写真をみると一目瞭然だ。
竜王小学校keynote活用シーン1
竜王小学校keynote活用事例2

この授業を見ていてまず感じたのは、iPadが児童たちのコミュニケーションの促進剤となっているということだ。「2人で1台」という機種数の制限が、逆にうまく活きていたように思う。担任の先生ともお話したのだが、タブレット端末は、PCに比べ、2人での作業に向いているのかもしれない。一緒に作業するということにまったく違和感がなく、むしろ「教え合い」が自然発生的に起きていたことには驚いた。タブレット端末は、チームでの学習においてもその力を存分に発揮するものであると再確認させられた。

試行錯誤しながらの授業、見守る校長の立場

授業自体は、先生が自らの iPad を Apple TV で大型テレビに映しつつ、あとは口頭で説明するというスタイルであった。子どもたちは、自らの写真を撮ってそれを Keynote に挿入したり、自由にテキストを打ち込んだりと、授業を心から楽しんでいる姿を見せていた。そのような生徒の満足そうな顔を見て、授業が終わったとき、私はこの授業は大成功だと思った。純粋に、良い授業だなと。

しかし、奥山校長先生は、授業後すぐに改善点を口にした。「文字でのインストラクションがないから、子どもたちが混乱していましたよね。Apple TV での実践を見せるだけでなく、黒板を使って文字ベースで手順を伝えてあげたほうがいいですね、あれは。」と。授業中は笑顔で子どもたちと接しながらも、常に改善できる箇所を考えているのだと感心してしまった。ICTの導入は、ほとんどの授業でまだまだ試験段階だ。こうして、毎回の授業から学ぶんでいくことは、今まで以上に大切になってくるだろう。

人とのつながりが、子どもの成長につながるのです

奥山校長先生とお話をしていて印象に残っているのは、「人とのつながり」という言葉だ。「なぜICTなのか」というと「ICTは人をつなげることができるから」という点が大きいという。教員となり経験を積む中で、どうしたら子どもたちの学びを深めることができるのかということを考え、辿り着いたのが「ヒューマンネットワークをどれだけ広げられるか」だったという。

山県大弐像

その取り組みの1つとして、まずは地域の方々とのつながりを深めることを考えているという。学校という場を、先生と生徒という狭い世界で考えず、もっと広く地域の方々を巻き込んでいく、そこで学びが深まればという狙いである。具体的には、甲斐市内にある山県大弐を祀る山県神社について、地域の方々と共に調査しまとめていくとのことだ。「地域のものについて地域の人と調べる」という一連の取り組みから学べることはきっと多いことだろう。

おもったこと

当学校では、ICTの導入に積極的な奥山賢一校長先生が中心となり、学校全体としてICTを活用していこうという姿勢が見られた。New Education Expo 2014 の発表では、修学旅行の際に、スカイツリーでiPadを用いたレポート動画作成のケースが紹介されていたり、特別支援の教室では、iPadの学習ゲームアプリをうまく活用した取り組みが見られたりと、教員みなが協力している体制が垣間見える。

このような体制ができているのは、きっと奥山賢一校長先生や、ICT活用へのご理解の深い増坪広夫先生が率先して連携をとり、教員間のコミュニケーションをうまく維持しているからなのだろう。ICTの導入は、一種の改革ともいえる。改革を起こす上で、そのようなコミュニケーション、共通認識の形成は必要不可欠なのではないかと感じた。

この記事を書いた人:
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>