【iPad学校導入】Apple Configurator活用法|スムーズなアプリ配布、環境一括設定、デバイスの割り当て

「Apple Configurator」をご存知でしょうか?
もしiPadの学校への導入を考えているとしたら、救世主となるかもしれません。

本記事では、iPadでのアプリの配布、環境の一括設定、デバイスの割り当てといった作業をMac PCから簡単に操作できるツール「Apple Configurator」についてご紹介します。

Apple Configuratorの概要

Apple Configuratorは、無料のMacアプリとして配布されており、通常のアプリと同様にApp Storeから誰でもインストール可能です。
apple-configurator

[ Apple Configurator by Apple ]

以下では、Apple Configuratorを使ってできることを具体的にご紹介していきます。

VPPで購入したアプリを一斉配布可能

VPP(Volume Purchase Program、アプリのまとめ買いプログラム)で購入したアプリを一斉にデバイスにインストールすることができます。一つ一つのデバイスでアプリを購入・インストールすると莫大な時間がかかりますが、VPPとApple Configuratorを組み合わせることで、その作業は一気にスムーズになります。

具体的には、VPPでアプリを購入した際にもらえる引き換えコード付きのスプレッドシートをApple Configuratorで読み込み、接続中のデバイスに配布していく形式になります。アプリがデバイスにインストールされると該当の引き換えコードはグレー表示になり無効化されますが、デバイス側でそのアプリを削除すると、また配布可能な状態に戻るようになっています。

[参考:一括購入でアプリ半額!Volume Purchase Programとは? ]

iPadの端末環境を一括設定

Apple Configuratorを使えば、ゲーム系アプリの非表示、App Storeの機能制限、ウェブサイトのフィルタリングといった環境設定も一括で適用させることができます。一台ずつ端末上で環境設定をしていた場合に比べ、もちろん時間は大幅に削減されますし、さらに、端末側から機能制限を解除されるという心配もなくなります。

時間的にもセキュリティ的にも便利な機能といえるでしょう。

生徒一人ひとりの情報をデバイスに適宜割り当て可能

さらに、Apple Configuratorでは、ユーザー情報の割り当てが可能となっています。Apple Configuratorに接続すると、端末に蓄積されているユーザー情報がバックアップされ、次に使う時にはまたそのバックアップされている情報を割り当てることで、あたかも自分のデバイスであるかのように使用することができます。

学校でiPadを導入する場合、予算的に1人に一台iPadを用意することは難しいこともあるでしょう。それでも、このユーザー情報の割り当てをうまく利用してあげることで、ストレスなく継続的な利用を実現できるかもしれません。

情報提供:教育産業株式会社 山口宗芳さん

教育産業株式会社 山口宗芳さん

Apple Configuratorについて詳しく知りたいという方は、教育産業株式会社山口宗芳さんまでご連絡ください。
E-mail:yamaguchi あっと ksg.co.jp(あっとは@に置き換えください)
会社HP:http://www.ksg.co.jp/

また、2014年8月30日に「第2回次世代classフォーラム」というICT活用に関するイベントが控えております。こちらもご興味のある方はぜひチェックしてみてください。
詳細:http://blog.ednity.com/2014/07/22/next-generation-classroom/

この記事を書いた人:
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • おすすめの記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>